外反母趾について

外反母趾|一時間三十分がタイムリミットの外反母趾の手術

外反母趾の手術は長くても一時間三十分と決まっています。
と言うのも、前の項でお話しました足の状態が無血野であることがその時間制限と関係してきます。
無血野とはメスで足を切っても足から血が出ない状態を指しますが、それはつまり足の血流がなくなっていることを意味します。
長い時間足に血液がいかないように血を止めておくと、足は死んでしまいます。
ですので、一定の時間をもって足に血流を再開させなければならないのです。
なので、外反母趾の手術には一時間三十分と言う時間制限があるのです。
しかし、外反母趾の状態によっては手術の時間がそれだけで済まないときがあります。
だからと言って、もちろん足を死なす心配はありません。
次の項では、一時間三十分を超える外反母趾の手術についてお話したいと思います。