外反母趾|一時間三十分がタイムリミットの外反母趾の手術

外反母趾の手術は長くても一時間三十分と決まっています。
と言うのも、前の項でお話しました足の状態が無血

外反母趾|タイムリミットを超えても続行の方法がある外反母趾の手術

外反母趾の手術ですが、足に血流のない無血野の状態で行うため、足を死なせないために一時間三十分が限界の

外反母趾について

外反母趾|無血野の状態で行われる外反母趾の手術—切っても出血しない

外反母趾の手術の説明ですが、消毒などが終われば今度はゴムのベルトを足先から膝にまで巻き上げていきます。
このゴムのベルトはエスマルヒ止血帯と言う名前で幅広のゴムのベルトです。
これを膝下まで巻き上げることにより足から血液を押し出し、この状態で空気止血器から最高血圧の空気を空気止血帯に送り込みます。
このあとに、エスマルヒ止血帯を足からはずすのですが、大腿部が圧迫されているので血液が足に戻ってくることはありません。
どうして足をこのような状態にするかと言うと、この状態で足を切っても血がでないのです。
これは無血野と言います。
このような手順をもって、外反母趾の手術は足を血の出ない状態にしてから行われているのですね。

面貸し 美容室 下北沢